ガイドライン再版に向けて : ガイドラインの持つ意味 Practice Guidelines : its Role in Physicians' Clinical Practices

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 関本 美穂 SEKIMOTO Miho
    • 京都大学大学院医学研究科医療経済学分野 Department of Healthcare Economics and Quality Management, Kyoto University School of Public Health

抄録

診療ガイドラインはさまざまな情報を診療に生かしやすい形にまとめて提供したものである。ガイドラインは数ある情報源の一つにすぎないが,医師の診療行為を改善させる手段として最も利用されている。今日診療ガイドラインのほとんどが,「根拠に基づいた医療(以下,EBM)」の手順に則って作成されている。EBMとは「疾患の診断・予後・治療などについて,患者集団を対象としたデータを定量的に解析することにより,適切な臨床判断を行うことができる」とする考え方である。本来は「専門化が推奨する診療」と「研究の結果,効果が確かめられた診療」とが一致するべきだが,両者はしばしば相反する。それでは,われわれはなぜエビデンスを重視する必要があるのか。臨床研究が盛んになった結果,次々と新しくなる医学知識に忙しい臨床医が遅れずについていくのが困難であるためである。「他の医師はどのような診療を行っているか」という情報を発信し,極端に独善的な診療を排除したという点で,ガイドラインは重要な役割を果たしたといえる。

Clinical practice guidelines are designed so that we can easily access key information about appropriate diagnostic, therapeutic, or other clinical procedures for specific clinical circumstances. Today, most of the guidelines are developed within the framework of evidence-based medicine (EBM), which is defined as "the conscientious, explicit and judicious use of the best evidence available currently in making decisions about the care of individual patients", and "evidence" is scientific knowledge about disease risks or treatment effectiveness derived from clinical research. Originally "practices recommended by experts"were considered to be validated by rigorous scientific studies, however, sometimes they are not. Recommendations in guidelines cannot apply uniformly to all patients, and physicians must make decisions based on their own judgment about which treatment option might be the most suitable for their patients. Then, why must we place emphasis on scientific evidence? Now, a large number of clinical studies are conducted, with accumulation of a large body of evidence, and guidelines are one of the important sources of information that allow busy clinicians to keep up with updated medical knowledge and apply it in clinical practice. Guidelines have played an important role in that they are one of the primary vehicles for overcoming the voids in healthcare knowledge and increasing the quality of health care through application of such knowledge.

収録刊行物

  • 日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine  

    日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine 28(4), 543-546, 2008-05-31 

    Japanese Society for Abdominal Emergency Medicine

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021302295
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10426469
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13402242
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ