膵炎のインターベンション治療 Intervention in Pancreatic Diseases

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 熊野 玲子 KUMANO Reiko
    • 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院放射線科 Department of Radiology, St. Marianna University Seibu Hospital
    • 高橋 美緒 TAKAHASHI Mio
    • 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院放射線科 Department of Radiology, St. Marianna University Seibu Hospital
    • 上條 謙 KAMIJO Ken
    • 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院放射線科 Department of Radiology, St. Marianna University Seibu Hospital
    • 大西 毅 OHNISHI Takeshi
    • 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院放射線科 Department of Radiology, St. Marianna University Seibu Hospital

抄録

インターベンション治療(以下,IVR)は今回の急性膵炎の診療ガイドライン第2版では独立した項目では取り上げられていないが,近年,非侵襲的外科治療,すなわちIVRの発展は目覚ましく,膵臓にも応用されるようになってきており独立した項目として述べてみた。ここでは膵炎により生じる膵仮性嚢胞,膵膿瘍,壊死性膵炎,慢性膵炎,膵管皮膚瘻に対するIVRについて,技術的な面は成書に譲り,理論的な面から解説した。膵仮性嚢胞,膵膿瘍に対するIVRについては日本以外でも広く受け入れられており,評価も定まっており,他の治療より優先して施行すべきものと考えられる。壊死性膵炎,慢性膵炎,膵管皮膚瘻の治療については,日本以外では報告がほとんどないが,明らかに効果が認められることより,侵襲的な外科的治療を行う前に,試みる価値があると思われる。

Pancreatic intervention has been described in this chapter. Pancreatic intervention is mainly how to manage pancreatic pseudocysts, pancreatic abscesses, necrotizing pancreatitis, chronic pancreatitis, or pancreaticocutaneous fistulae. The most important technique is the percutaneous transgastric puncture to the pancreas, but without producing a pancreaticocutaneous fistula. This percutaneous transgastric puncture method is most effective to treat pancreatic pseudocysts, pancreatic abcesses, or pancreaticocutaneous fistulae. This method has also been applied in cases of necrotizing pancreatitis, or chronic pancreatitis, but its usefulness in these cases has not yet been clarified. Further research is therefore necessary before this method can be widely employed and its limitations can be determined.

収録刊行物

  • 日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine  

    日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine 28(4), 593-597, 2008-05-31 

    Japanese Society for Abdominal Emergency Medicine

参考文献:  40件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021302440
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10426469
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13402242
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ