腸閉塞で発症した回腸子宮内膜症の1例 A Case of Small Intestinal Obstruction Due to Endometriosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

回腸子宮内膜症はまれな疾患で,その術前診断は困難で診断率は15.3~28%と言われている。今回われわれは腸閉塞で発症した回腸子宮内膜症の1例を経験したので報告する。症例は40歳女性,腹痛と嘔気を主訴に来院し腸閉塞と診断されて入院した。イレウス管にて加療を行ったが改善を認めず手術を行った。手術所見では回腸末端部の漿膜面に白色の小結節と透明な小嚢胞を認め,それらによって回腸の狭窄をきたしていた。この部を腸閉塞の責任病変と考え小腸部分切除を行った。切除標本の病理組織学的検査で異所性子宮内膜症と診断された。生殖年齢女性の腸閉塞では腸管子宮内膜症を念頭に置き,加療する事が必要である。

A 40-year-old woman who complained of abdominal fullness visited our hospital. She was diagnosed as having a small intestinal obstruction with X-ray and CT scans, and the patient was admitted to the hospital. The intestinal obstruction failed to improve, so we performed a laparotomy on the seventh day after hospitalization. Intraoperatively, there were some small white nodules and small cysts on the serosa of the terminal ileum. The nodules had caused the small intestinal obstruction, so the lesion was resected and reconstructed. The patient was diagnosed as having an intestinal endometriosis by microscopic examination. When an intestinal obstruction is diagnosed in a woman of childbearing age, intestinal endometriosis should be considered as one of the causes.

収録刊行物

  • 日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine  

    日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine 28(4), 599-601, 2008-05-31 

    Japanese Society for Abdominal Emergency Medicine

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021302481
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10426469
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13402242
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ