血栓除去手術後 2nd look surgery にて腸管大量切除を行い救命し得た上腸間膜動脈塞栓症の1例 Second Look Surgery for Acute Superior Mesenteric Artery Embolisms

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

患者は心房細動のある78歳男性。血便を主訴に 2003年 3月 7日内科受診した。大腸内視鏡検査でS状結腸に高異型度の腺腫を認め,3月25日手術目的で外科入院し3月31日 S状結腸切除術を施行した。術後経過順調であったが4月9日夕方から突然腹痛が出現し,発症4時間後腹部造影CT検査の結果上腸間膜動脈塞栓症と診断し血管造影を施行した。上腸間膜動脈から置換右肝動脈が分枝しており,その末梢から血流が途絶していた。上腸間膜動脈にウロキナーゼ24万単位を動注したが奏功せず,血栓除去術を施行したところ血流が再開した。12時間後2nd look surgeryを施行した。トライツ靱帯より80cm肛門側から回腸末端まで小腸が壊死しており,上行結腸も虚血状態であったため切除し空腸人工肛門および横行結腸粘液瘻造設術を施行した。2nd look surgery後の経過は良好でCVリザーバーを留置し退院した。

A 78-year-old man with atrial fibrillation underwent a sigmoidectomy because of an adenoma with severe atypia. Abdominal pain developed on 9th postoperative day. Contrast enhanced CT scan of the abdomen showed thrombosis of the superior mesenteric artery. Angiography showed a replaced right hepatic artery and the thrombosis of the superior mesenteric artery. Despite infusion of urokinase in the superior mesenteric artery, the blood supply did not recover. A thrombonectomy was performed with successful revascularization. Twelve hours later second look surgery was performed. In the small intestine, 80cm from the Treitz' ligament to the ascending colon was necrotic, so we excised the necrotic lesion and created a double-ostomy without post-operative complications. Second look surgery is an effective surgical treatment following thrombectomy for thromboses of the superior mesenteric artery.

収録刊行物

  • 日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine  

    日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine 28(4), 603-605, 2008-05-31 

    Japanese Society for Abdominal Emergency Medicine

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021302491
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10426469
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13402242
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ