穿孔をきたした胃軸捻転症の1例 A Case of Acute Gastric Volvulus Associated with Perforation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

穿孔をきたした急性胃軸捻転症の1例を経験した。症例は72歳の男性。腹部膨満,腹痛を主訴に近医より紹介された。腹部単純X線検査およびCT検査にて,著明に拡張した胃泡と横行結腸の走行異常が認められた。内視鏡検査で胃の変形が強く幽門部までは観察できなかったが,噴門部に胃穿孔が認められ,緊急手術となった。胃は捻転,拡張しており,捻転を整復すると体上部小弯が壊死に陥りその一部に穿孔部を認めた。急性長軸性胃軸捻転症に続発した胃部分壊死,胃穿孔およびそれに伴う汎発性腹膜炎と診断し,胃全摘術を施行した。急性型の胃軸捻転症は血流障害を起こすことがあり迅速な診断が必要である。

A case of acute gastric volvulus associated with perforation is reported. A 72-year-old man presented with abdominal fullness and pain. Radiological studies and endoscopy showed severe stenosis at the middle part of the stomach and perforation of the markedly dilated upper part. Although the cause of the stenosis was not clarified, an emergency operation was performed. On laparotomy, we found the stenosis was due to an acute organoaxial gastric volvulus : the hepatic-sided transverse colon was located cranially to the stomach. The upper part of the stomach showed necrotic changes and was perforated. We carried out a total gastrectomy. Early diagnosis is necessary for acute gastric volvulus because there is a possibility of gastric necrosis caused by circulatory insufficiency.

収録刊行物

  • 日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine  

    日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine 28(4), 617-620, 2008-05-31 

    Japanese Society for Abdominal Emergency Medicine

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021302566
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10426469
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13402242
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ