ALTA内痔核硬化療法施行後の再治療症例の検討 : ALTA療法は痔核根治術となりうるか Profiles of Cases of Internal Hemorrhoids Retreated after Initial Treatment by Sclerosing Therapy with Aluminum Potassium Sulfate Tannic Acid (ALTA) : Can ALTA be a Successful Radical Treatment for Hemorrhoids?

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

当院にて2005年4月から2006年12月までに内痔核症例に対し硫酸アルミニウムカリウム·タンニン酸注射液(ALTA)治療を単独施行した症例は452例であった.このうち再治療を要した症例は16例であり,6例は内痔核が再発し再脱出した症例であった.このうち4例はALTA投与量不足,1例は不適切な投与部位が再発原因と考えられ,1例については原因不明であった.また10例はALTAを投与していない外痔核成分が残存した症例であった.以上より,ALTA内痔核治療においては,痔核を硬化退縮させるに十分な量の薬剤投与が必要であり,かつ,外痔核成分が主体の内外痔核症例は適応外とすべきであると考えられた.我々は,十分量のALTA投与と的確な術前診断によるALTA適応症例の絞込みによって良好な予後を期待できることより,我々はALTAが結紮切除術(LE)に匹敵する根治的内痔核治療の一つになりうると考えている.<br>

We treated 452 cases of internal hemorrhoids (IH) only with aluminum potassium sulfate tannic acid (ALTA) from April 2005 until December 2006 at Kunimoto Hospital. Of these, we retreated 16 cases, consisting of 6 relapsed IH cases and 10 cases with remaining external hemorrhoids (EH) that were not injected with ALTA. The causes of IH recurrence were insufficient dosage of ALTA (4 cases), inaccuracy in site of injection (1 case), and unknown etiology (1 case). Our experience suggests that the full-dose of ALTA required to induce a reduction of IH should be injected at the precise site, and that patients with EH are not indicated for ALTA. Therefore, in cases which comply strictly with the above criteria, we consider that treatment with ALTA could be a curative treatment for IH comparable to operation involving ligation and excision (LE).<br>

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 61(1), 11-15, 2008-01-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021302648
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ