S状結腸子宮内膜症の診断にMRIが有用であった1例 A Case of Endometriosis of the Sigmoid Colon : Usefulness of MRI for Diagnosis of Intestinal Endometriosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小原 邦彦 OBARA K.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 佐原 力三郎 SAHARA R.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 山名 哲朗 YAMANA T.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 岡本 欣也 OKAMOTO K.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 高橋 知子 TAKAHASHI T.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 小村 憲一 KOMURA K.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 古川 聡美 FURUKAWA S.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 岡田 大介 OKADA D.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 大橋 勝久 OHHASHI K.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 金古 康 KANEKO Y.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 松本 敦夫 MATSUMOTO A.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital

抄録

内視鏡,注腸など従来の画像診断に加えMRIが診断に有用であったS状結腸子宮内膜症の1例を経験したので報告する.症例は39歳女性で腹痛を主訴に受診.注腸造影でtransverse ridging, 内視鏡では病変部に一致して片側性に顆粒状粘膜,小隆起に囲まれた中に発赤,びらん面を認めた.生検で炎症細胞浸潤をともなう非特異的所見のみであった.12MHz超音波内視鏡で病変部に一致した全層性の高エコー像を認めた.T1強調MRI像で病変部に相当する肥厚した大腸壁内に出血の存在を示唆する高信号を認め,ガドリニウム造影で同部位に造影効果は認められなかった.以上より腫瘍性病変は否定的と考え,S状結腸子宮内膜症と診断.ホルモン療法により腹痛などの臨床症状は軽快.保存的治療の限界,悪性化の危険性などのインフォームド·コンセントを行った上で本人の希望に沿い注意深い観察のもと経過観察を行っている.<br>

We report the diagnostic usefulness of MRI in combination with conventional endoscopy and barium enema examination in a case of endometriosis of the sigmoid colon. The patient was a 39-year-old woman. Barium enema showed transverse ridging. Endoscopy showed a granular mucosa on the lesion unilaterally, with a reddened, eroded surface surrounded by a small elevation. Biopsy revealed only nonspecific inflammatory cell infiltration. Endoscopic ultrasound at 12 MHz showed a metallic-appearing, hyperechoic lesion. T1-weighted MRI demonstrated high signal intensity suggestive of hemorrhage in the thickened colonic wall corresponding to the lesion, with no gadolinium enhancement. These findings excluded neoplastic lesions, and led to a diagnosis of endometriosis of the sigmoid colon. Hormone therapy reduced clinical symptoms including abdominal pain. After explaing the limitations of conservative treatment and the risk of malignant transformation, informed consent was obtained, and the patient has been carefully followed up.<br>

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 61(1), 51-55, 2008-01-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021302774
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ