ALTAによる直腸粘膜脱低侵襲治療 Minimally Invasive Treatment for Rectal Mucosal Prolapse by Aluminum Potassium Sulfate Tannic Acid (ALTA)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

硫酸アルミニウムカリウムおよびタンニン酸を有効成分とする局所注射用配合剤(以下ALTA)は,その起炎作用により非観血的に病変組織を硬化退縮させ,脱出を消失させうる内痔核硬化療法剤である.この薬理作用を考慮すると,現在では内痔核に準じた術式が標準治療となっている直腸粘膜脱に対してもALTA硬化療法が非常に適した低侵襲治療法ではないかと考えられた.そこで,十分なインフォームド·コンセントのもと,2005年4月から2006年11月までに直腸粘膜脱症例51例にALTA硬化療法を単独施行した.いずれも重篤な副作用を認めず,ALTA投与後の肛門内圧にも影響を及ぼさなかった.予後的には7例に再発を認め,そのうち3例は再度ALTA投与を施行,4例は症状改善にて経過観察中である.7例の再発症例はALTA投与量不足,投与手技的問題に起因すると思われた.以上より,ALTAは直腸粘膜脱症例にも良い適応と思われた.<br>

Aluminum potassium sulfate tannic acid (ALTA) is able to induce noninvasive sclerosis and involution of hemorrhoids through initiation of inflammatory reaction. Considering this pharmacological effect, we hypothesized that the administration of ALTA could be used as a minimally invasive treatment of rectal mucosal prolapse, for which the operational method for internal hemorrhoids is currently considered to be suitable. Thus, we treated 51 patients with rectal mucosal prolapse by ALTA between April 2005 and November 2006. There was no severe adverse effect, and anal pressure was not affected after the administration of ALTA. Seven patients relapsed, three patients were administered ALTA again, and the others have simply been observed because of the improvement of symptoms. We guessed that a cause of the prolapse was insufficient quantity of ALTA injected or due to a technical problem. We therefore think that ALTA may be indicated for rectal mucosal prolapse. <br>

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 61(2), 57-61, 2008-02-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021302794
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ