成人腸重積症で発見された潰瘍をともなう上行結腸脂肪腫の1例 A Case of Intussuscepted Ulcerated Ascending Colonic Lipoma Authors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

今回我々は術前診断に難渋した上行結腸脂肪腫を経験したので報告した.症例は42歳,女性,主訴は夜間の上腹部痛腹痛.腹部CT検査では,横行結腸に低吸収域を示す腫瘤陰影と上行結腸に連続したspring coil sign,注腸で同心円状のtarget signを認め腸重積を疑った.大腸内視鏡では表面粗造不整の厚い白苔をもつ隆起性病変を認めた.生検では壊死物質のみであり,間葉系由来の悪性腫瘍(GISTなど)を疑った.切除標本所見では成熟した脂肪細胞より構成され,表面粘膜に潰瘍を形成し線維化をともなう脂肪腫であった.本例では潰瘍による線維化のために周囲脂肪織よりもやや高く不均一な腹部CT検査所見のために術前診断に苦慮した.本邦で報告された腸重積をともなう大腸脂肪腫17例を集計して報告した.<br>

A case of intussuscepted ulcerated ascending colonic lipoma is presented. A 42-year-old female visited our hospital with the complaint of nocturnal upper abdominal pain. Computed tomography showed a low-density mass lesion of the transverse colon which was not the density of fat tissue, and spring coil-like and target signs. Endoscopic specimens from the submucosal lesion with ulceration showed no malignant cells. These findings suggested colonic intussusception by nonepithelial malignant tumor, and laparoscope assisted colectomy was performed. Resected material was pathologically diagnosed as ulcerated lipoma composed of inflammatory fibrosis in adipose tissue. The ulcerated colonic lipoma by repeated intussusception might have mimicked malignant tumor.<br>

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 61(2), 81-84, 2008-02-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021302877
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ