Crohn 病に合併した難治性痔瘻に対する seton 法の長期成績 Long-term Outcome Following Loose-seton Drainage for Complex Anal Fistulas in Patients with Crohn's Disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小川 仁 OGAWA H.
    • 東北大学大学院医学系研究科生体調節外科学講座 Department of Surgery, Tohoku University School of Medicine
    • 舟山 裕士 FUNAYAMA Y.
    • 東北大学大学院医学系研究科生体調節外科学講座 Department of Surgery, Tohoku University School of Medicine
    • 福島 浩平 FUKUSHIMA K.
    • 東北大学大学院医学系研究科生体調節外科学講座 Department of Surgery, Tohoku University School of Medicine
    • 三浦 康 MIURA K.
    • 東北大学大学院医学系研究科生体調節外科学講座 Department of Surgery, Tohoku University School of Medicine
    • 小山 淳 OYAMA A.
    • 東北大学大学院医学系研究科生体調節外科学講座 Department of Surgery, Tohoku University School of Medicine
    • 長尾 宗紀 NAGAO M.
    • 東北大学大学院医学系研究科生体調節外科学講座 Department of Surgery, Tohoku University School of Medicine
    • 林 啓一 HAYASHI K.
    • 東北大学大学院医学系研究科生体調節外科学講座 Department of Surgery, Tohoku University School of Medicine
    • 佐々木 巌 SASAKI I.
    • 東北大学大学院医学系研究科生体調節外科学講座 Department of Surgery, Tohoku University School of Medicine

抄録

目的: Crohn病に合併する難治性複雑痔瘻に対して行ったseton法の長期成績を明らかにする.方法: 当科においてseton法を行ったCrohn病患者のうち,術後5年以上経過した27例を対象として再手術率とストーマ造設率をretrospectiveに検討した.結果: 術後観察期間は8.7±2.1年であった.seton法施行後の再手術率·ストーマ造設率は経時的に増加し,観察期間中の再手術率は63%(17例),ストーマ造設率は37%(10例)であった.ストーマ造設の適応は,肛門管癌に対して直腸切断術を行った1例以外は,すべて痔瘻の悪化によるものであった.結語: Crohn病に合併した難治性複雑痔瘻に対するseton法施行後の再手術率·ストーマ造設率は高く,免疫抑制剤や抗TNFα抗体などによる術後の緩解維持療法の改善が必要と思われる.<br>

<Objective> The aim of this study was to determine the long-term outcome after loose-seton drainage for complex anal fistulas in patients with Crohn's disease.<br> <Methods> Twenty-seven patients with Crohn's disease underwent loose-seton drainage for their complex anal fistula in Tohoku University Hospital. All patients were followed up over 5 years. The ratio of patients who required repeated seton drainage or fecal diversion was determined retrospectively.<br> <Results> The follow-up period was 8.7±2.1 years. During follow-up, 63% (17patients) underwent repeated surgery and 37% (10 patients) required fecal diversion.<br> <Conclusion> Approximately two-third patients underwent repeated surgery after primary seton drainage, and over half of them required fecal diversion eventually. Adjuvant therapy with immunosuppressants or anti-TNFα antibody may be considered to improve the outcome after seton drainage for complex anal fistulas in patients with Crohn's disease.<br>

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 61(3), 101-106, 2008-03-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021302957
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ