短期間に形態変化をきたした表面型大腸癌の1例 Derived Colon Cancer Which Revealed Evident Morphological Alterations during a Short Period

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は64歳,女性.便に鮮血が付着したことを主訴に下部消化管内視鏡検査を受けたところ直腸Raに20mm大のIIa+IIc病変を指摘された.pit patternはV<sub>I</sub>高度不整でsm massiveと判断されたため手術目的で当科に紹介された.20日後の下部消化管内視鏡検査ではIs病変と変化していた.7日後に腹腔鏡下低位前方切除術を施行したところ病変は8mm大のIIa+IIc病変として存在しており,形態および大きさの変化を生じていた.<br> 大腸癌の発育や進展に関してはさまざまな検討がなされており表面型大腸癌においても徐々に自然史が明らかにされてきている.本症例ではポリープ状の隆起部が欠損しており27日間で,形態変化と同時に腫瘍の大きさも明らかに縮小しており,基部のみが残存したものと推測された.大腸腫瘍における発育進展を考えるうえで興味深い症例であり,文献的考察を加え報告する.<br>

We experienced a case of colorectal cancer with morphological changes within 27 days. A 64-year-old female who underwent endoscopic examination due to bloody excrement was found to have a 20mm IIa+IIc type lesion on the rectum (Ra). The pit pattern was V<sub>I</sub> and highly irregular and so was judged as sm massive, and the patient was referred to our department. On the second endoscopic examination a week later, the appearance had altered to a Is type lesion, and 27 days after the first examination a laparoscopic low anterior resection was performed. The size had transformed to 8mm and the morphology to IIa+IIc type.<br> Various studies on the growth and development of colorectal cancer are being made to reveal their natural history. In this case we assumed that the protruding spot of the lesion had come off and the root remained, causing the change in size and morphology. We report on this interesting case which may be useful for defining the growth and development of colorectal cancer. <br>

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 61(4), 179-182, 2008-04-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021303203
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ