長期間経過を観察しPCR-SSCP法でATP2A2遺伝子に変異を認めなかった Persistent acantholytic dermatosis の1例 Persistent Acantholytic Dermatosis Followed Long Term with No Significant Mutation of the ATP2A2 Gene by PCR-SSCP Analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

著者最終原稿版83歳、男性。60歳頃から掻痒を伴う皮疹が出現し、71歳時に初診した。その1年後に施行した皮膚生検の結果は、Darier病類似の組織像であった。高齢発症で家族歴はなく、掌蹠、爪の病変がみられず、また皮疹は10年間寛解増悪をくり返していたことから、Persistent acantholytic dermatosis(PAD)と診断し経過を見ていた。2005年前胸部に淡紅色不整形での角化傾向のある局面が多発し、皮膚生検によりSCC in situと診断した。この際に、PCR-SSCP法による遺伝子検索を行い、ATP2A2遺伝子の変異は見られなかった。この結果と20年来の経過から最終的にPADと診断した。

収録刊行物

  • 日本皮膚科学会雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF DERMATOLOGY  

    日本皮膚科学会雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF DERMATOLOGY 117(10), 1597-1601, 2007-09-20 

    日本皮膚科学会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021304323
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196602
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0021499X
  • NDL 記事登録ID
    8927237
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-202
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ