熊本県, 宮崎県の皮膚科医におけるつつが虫病, 日本紅斑熱のサーベイランス認知度と, 2005年における診断・届出の現状 Questionnaire Surveys Related to Surveillance, Recognition, and Reporting of Tsutsugamushi Disease and Japanese Spotted Fever by Dermatologists in Kumamoto and Miyazaki Prefectures, 2005-2006

この論文をさがす

著者

    • 松井 珠乃 MATSUI Tamano
    • 国立感染症研究所感染症情報センター Infectious Disease Surveillance Centre, National Institute of Infectious Diseases (NIID)
    • 佐藤 弘 SATOH Hiroshi
    • 国立感染症研究所感染症情報センター Infectious Disease Surveillance Centre, National Institute of Infectious Diseases (NIID)
    • 安藤 秀二 ANDO Shuji
    • 国立感染症研究所ウイルス第一部第五室 Laboratory of Rickettsia and Chlamydia Department of Virology I, NIID
    • 尹 浩信 IHN Hironobu
    • 熊本大学(大学院)皮膚機能病態学 Department of Dermatology & Plastic and Reconstructive Surgery, Graduate School of Medical and Pharmaceutical Sciences, Kumamoto University

収録刊行物

  • 日本皮膚科学会雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF DERMATOLOGY  

    日本皮膚科学会雑誌 = THE JAPANESE JOURNAL OF DERMATOLOGY 117(12), 1977-1980, 2007-11-20 

    日本皮膚科学会

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021305054
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196602
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0021499X
  • NDL 記事登録ID
    9272808
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-202
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ