洞爺湖サミットを終えて : 中長期目標の行方 Mid-and Long-Term GHG Reduction Targets : Reflection of the Toyako Summit

この論文をさがす

著者

    • 小林 信之
    • (株)三菱総合研究所 環境・エネルギー研究本部地球温暖化対策研究グループ

収録刊行物

  • エネルギー・資源  

    エネルギー・資源 29(5), 325, 2008-09-05 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021369710
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00330895
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    02850494
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ