ジャージー種雌牛へのビタミンEの給与が肉色安定性に及ぼす影響 Influences of Vitamin E Supplementation on the Meat Color Stability of Jersey Cows

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ジャージー種雌牛肉について,ミオグロビンのメト化による肉色の褐色化を抑制するため,肥育時にビタミンEを給与し,その効果を検討した.食肉用に肥育されたジャージー種雌牛に対して,出荷前平均78日間,1,000mg/頭/日のビタミンEを給与し,大腿二頭筋と胸最長筋を採取した,各筋肉をステーキ状に整形して4°C,暗所で120時間保存し,その間の筋肉表面のメトミオグロビン割合を測定した,大腿二頭筋において,ビタミンE給与によりメト化が抑制された(P<0.05).筋肉中のビタミンE含量は給与期間が長いほど高く,含量が高いほどメト化抑制効果が認められた.また,安定した肉色保持効果を期待するには,少なくとも90日以上の給与が必要と考えられた.一方,胸最長筋では給与区が対照区と比べて,その差は小さいもののメト化が進行し,ビタミンEの給与による肉色安定効果は筋肉部位により違いがあることが認められた.

Color stability was investigated in beef of Jersey cows fed diets supplemented with vitamin E. Vitamin E supplementation was 1, 000mg/animal/day for the average of 78 days before slaughter. Muscles of biceps femoris and longissumus thoracis of Jersey cows were aged for 14 days at 0°C in the dark after slaughter. Then, the muscles were cut into 15mm thick steaks, and stored at 4°C in the dark for 120h. Metmyoglobin formations in biceps femoris were inhibited (P<0.05) by vitamin E supplementation according to the duration of vitamin E supplementation and its content of muscles. For sufficient stability of meat color, about 90 days supplementation of vitamin E were necessary. However, metmyoglobin in longissumus thoracis of cows fed vitamin E was accumulated more than of control cows.

収録刊行物

  • 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science  

    日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science 71(8), J264-J269, 2000-04-25 

    Japanese Society of Animal Science

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021720039
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195188
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1346907X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ