リゾチームとα-ラクトアルブミンによるマウスリンパ球の増殖抑制作用 Suppressive Effect of Lysozymes and α-Lactalbumins on Mitogen-induced Proliferative Responses of Mouse Lymphocytes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

リポポリサッカライド,ポークウィードマイトージェン,フィトヘマグルチニンおよびコンカナバリンAにより誘導されるマウス脾臓リンパ球の増殖にこ及ぼすウズラとニワトリリゾチーム,ならびにウシとヒトα-ラクトアルブミンの影響を比較検討した.両リゾチームおよび両α-ラクトアルブミンは,それら4種のマイトージェンで誘導されるリンパ球の増殖を全て抑制した.しかし,抑制の程度は,用いたタンパク質の種類やマイトージェンの種類により異なった.また,リゾチームには細胞障害性は見られなかったが,ウシおよびヒトα-ラクトアルブミンはマウス脾臓リンパ球に対して細胞障害を有することが観察された.一方,ウズラとニワトリリゾチームおよびウシとヒトα-ラクトアルブミンはマイトージェンの結合能を有しておらず,かっ,予めそれらのタンパク質と反応させていおたマウス脾臓リンパ球にマイトージェンが結合できるにとが確認された.他方,ウズラリゾチームはマウス単球/マクロファージに結合するが,リンパ球には結合しないのに対して,ウシα-ラクトアルブミンは,単球/マクロファージ, CD<sup>4+</sup>Tリンパ球およびCD<sup>8+</sup>Tリンパ球に結合することが示された.以上の結果より,リゾチームとα-ラクトアルブミンは共に,T-,B-リンパ球の増殖を抑制し,それらの抑制作用はリゾチ-ムやα-ラクトアルブミンとマクロファージやリンパ球の相互作用により生じていることが示唆された.

This study comparatively evaluated the influence of quail or chicken lysozyme and bovine or human α-lactalbumin at concentrations ranging from 0 to 100μg/ml on proliferative responses of mouse spleen lymphocytes stimulated by lipopolysaccharide, pokeweed mitogen, phytohemagglutinin and concanavalin A. The lysozymes and α-lactalbumins inhibited the mitogen-induced proliferations in a dose-dependent manner, although the magnitude of inhibition depended on the kind of protein or mitogen. The α-lactalbumins revealed a cytotoxicity toward lymphocytes while the lysozymes were inert. The cytotoxicity of bovine α-lactalbumin diminished completely when the protein was reduced S-carboxymethylated, while some inhibitory effects on the PHA-or ConA-induced proliferation remained after the modification. No mitogen combined with the lysozymes and α-lactalbumins, and the mitogen could bind to lymphocytes previously incubated with the lysozymes or α-lactalbumins. Bovine α-lactalbumin linked to murine CD<sup>4+</sup> T-lymphocytes, CD<sup>8+</sup> T-lymphocytes and monacytes/macrophages, while quail lysozyme bound to only monocytes/macrophages. These results indicate that both the lysozyme and α-lactalbumin suppress the proliferation of mouse spleen lymphocytes via a different specific interaction of lymphocytes and/or macrophages with each protein.

収録刊行物

  • 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science  

    日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science 69(11), 1029-1039, 1998-11-25 

    Japanese Society of Animal Science

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021724747
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195188
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1346907X
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ