ウズラ始原生殖細胞のニワトリ生殖腺への移住 Settlement of Quail Primordial Germ Cells in Chicken Gonads

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ウズラ初期胚血流循環中の始原生殖細胞(PGCs)をニワトリ胚血流に導入した.ウズラとニワトリのPGCsを識別するために,3種のモノクローナル抗体,QCR1,QB2,2C9について,ニワトリおよびウズラ生殖細胞における免疫組織化学的染色性を調べた.QCR1,QB2はウズラ特異的であり,2C9はニワトリ特異的であった.さらに,3種とも発生段階特異的染色性を示した.ウズラPGCsを導入したニワトリ胚をHamburger and Hamiltonのステージ29で調べたところ,生殖腺にウズラPGCsが定住しており,全体の14.2%を占めた.ウズラPGCsを導入したニワトリ雄ヒナ精巣に外来のウズラおよび内在のニワトリの精原細胞の2つの集団が観察された.

We transfused circulating primordial germ cells (PGCs) of quail embryos into chick embryos. To distinguish between quail and chick PGCs, we evaluated three monoclonal antibodies (mAbs), QCR 1, QB 2 and 2 C 9. QCR 1 and QB 2 were quail-specific mAbs and 2 C 9 was a chick-specific mAb, showing development-specific expression. Chick embryos transfused with quail PGCs were observed at stage 29 of Hamburger and Hamilton's developmental standard. Transferred quail PGCs settled in the gonads and constituted 14.2% of total PGCs in the gonad. A transfused male hatchling contained two populations of spermatogonia, derived from exogenous quail and endogenous chick PGCs.

収録刊行物

  • 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science  

    日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science 69(6), 546-555, 1998-06-25 

    Japanese Society of Animal Science

参考文献:  30件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021725809
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195188
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1346907X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ