遺伝的アルゴリズムによる集団の近交度ならびに種雄牛の供用頻度に制限を加えた交配計画の最適化 Determination of the Optimum Mating Design with Constraints on Inbreeding Level and Mating Frequency of Sires via a Simple Genetic Algorithm

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

育種価予測値による選抜が普及するにつれ,近交度を抑制し改良量を最大にする交配計画の重要性はますます大きくなることが予想される.しかしながら,次世代の近交度のみを考慮すれば,血縁関係の薄い特定の種雄牛に供用が集中し,中•長期の育種改良に弊害が生じる危険性がある.したがって本報では,現実の集団の育種価予測値(PBV)を用い,集団の近交度,種雄牛の供用頻度および個々の後代の近交係数に制限を加えた交配計画の最適化を遺伝的アルゴリズム(GA)により試みた.最適化の対象とした牛群は,種雄牛15頭および繁殖雌牛574頭からなっており,この牛群の繁殖雌牛に対して審査得点のPBV(JS-Data)あるいは脂肪交雑評点のPBV(BMS-Data)により400頭の選抜を行った.交配計画により改良対象とした形質は枝肉5形質,審査得点ならびに繁殖能力2形質を総合した遺伝的水準(AGM)とした.ただし,枝肉形質以外には重み付けを行わず,枝肉形質を主体とした交配の影響を考察するにとどめた.両データで制限をまったく加えない交配計画を探索したところ,1頭の種雄牛に供用が集中したが,種雄牛の供用頻度を0.30に制限した場合でも,制限を加えない場合と比較してAGMの改良量はJS-DataおよびBMS-Dataでそれぞれ31.3%および35.6%小さくなる程度にとどまった.交配計画に起因する脂肪交雑評点の改良量はJS-Dataの方が大きかったものの,選抜に起因する改良量ではBMS-Dataの方が大きく,脂肪交雑評点の合計の改良量ではBMS-Dadaが28.3%大きな改良量を示した.また,GAは設定したすべての制限値の下で交配計画の決定に成功し,3つの制限に柔軟に対応できることが認められた.

Using predicted breeding values (PBV) of an actual beef cattle population, application of a simple genetic algorithm (GA) was done to design the optimum mating, with constraints on inbreeding coefficient of each progeny, inbreeding level of the next generation, and mating frequency of sires. As the breeding stock, 15 sires and 400 dams were selected according to PBV of judging score for breeding females (JS-Data) or beef carcass marbling score (BMS-Data). Aggregate genetic merit (AGM) of eight traits (judging score, two reproductive traits, and five carcass traits) weighing differently was regarded as the breeding objective. When appropriate operator values were used, GA found satisfactory mating designs under pre-determined constraints. The losses in gains of AGM by imposing the constraint of 0.30 on mating frequency were only 31.3% in JS-Data and 35.6% in BMS-Data compared with the mating designs without constraints. Genetic gain of beef marbling score was 28.3% higher in the evaluation from BMSData than JS-Data. Efficiencies of GA to design mating were demonstrated.

収録刊行物

  • 日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science  

    日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science 69(4), 333-340, 1998-04-25 

    Japanese Society of Animal Science

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021726304
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195188
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1346907X
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ