超音波による長期経過観察にて診断に至った高分化型肝癌の2症例 Two Cases of Well Differentiated Hepatocellar Carcinoma, which Had Barely Detectable Changes of Only Ultrasonographic Findings in Long Term Follow-up

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学  

    Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学 32, S534, 2005-04-15 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021787277
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11889584
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13461176
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ