高性能コンクリートによる歴史的建築物の復元 : 名古屋大学豊田講堂改修・増築工事 Restoration of Historical Construction with High Performance Concrete

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

47年経過した名古屋大学豊田講堂の "コンクリートの質感の復元" という命題に対し, 既存建物調査, 外壁復元工法の検討を経て, 極薄コンクリート打増し工法による改修を実施した。多くの技術的課題について検討し, 建設当時のスリムな躯体形状維持の実現とあわせ, 杉本実型枠化粧打放し仕上げの復元に成功することができた。

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal  

    コンクリート工学 = Concrete journal 46(11), 48-53, 2008-11-01 

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021865720
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    9703793
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ