容器包装リサイクル法の改正とレジ袋対策 2006 Amendment to the Containers and Packaging Recycling Act and Actions to Prevent the Use of Plastic Bags

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 平尾 禎秀 HIRAO Yoshihide
    • 環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室 Office for Recycling Promotion Waste Management and Recycling Department, Ministry of the Environment

抄録

2006年の容器包装リサイクル法改正により, 排出抑制に関する措置が施行され, 特にレジ袋について, 地方自治体と小売店等が連携し, 有料化やポイント制などの導入により削減を進める取り組みが全国的な広がりを見せるようになってきている。有料化を実施した地域では高い効果が上がっており, これは行動経済学の知見によって説明が可能であることを示しつつ, その前提として関係者の連携体制の確保が重要であることを示す。<BR>また, 2008年のG8神戸環境大臣会合で合意された神戸3R行動計画において, レジ袋対策をとることが盛り込まれた。20ヶ国以上の取組状況を概観し, 各国の取り組みが相互に影響し合っている様子を紹介する。<BR>こうした国内・国際両面でのレジ袋対策の進捗が持つ政策手法的な示唆にも言及する。

2006 Amendment to the Containers and Packaging Recycling Act introduced measures for waste reduction. After the enactment of this amendment, close cooperation among local governments, residents, and retailers has taken place, and many positive actions that prevent the use of plastic bags have been newly implemented. In particular, these include the elimination of free-of-charge plastic bags and establishment of a reward system. These introductions of charge on plastic bags have been shown to have dramatic effects. This paper presents studies on behavioral economics that explain these effects, and illustrates how close cooperation among stakeholders is the precondition for success.<BR>The Kobe 3R Action Plan, adopted at the G8 Environmental Ministerial Meeting held in Kobe this year, specifies actions that can be taken to prevent the use of plastic bags. This paper gives an overview of situations in over 20 countries, and shows how they are influencing each other.<BR>The paper also suggests policy implications that such examples of progress can have on the trend to eliminate plastic bags.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH  

    廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH 19(5), 194-200, 2008-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021872162
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    9693754
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ