廃棄物処理におけるアスベストの分析 Analytical Methods for the Monitoring of Asbestos Waste Treatment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山本 貴士 YAMAMOTO Takashi
    • (独)国立環境研究所 循環型社会・廃棄物研究センター Research Center of Material Cycles and Waste Management, National Institute for Environmental Studies
    • 貴田 晶子 KIDA Akiko
    • (独)国立環境研究所 循環型社会・廃棄物研究センター Research Center of Material Cycles and Waste Management, National Institute for Environmental Studies

抄録

アスベストに対する規制が段階的に進展して製造や使用の原則禁止がなされたことから, 今後は約4, 000万tonが残存しているとされるアスベスト含有建材の解体やアスベスト廃棄物の処理過程における曝露や環境移行への対策が重要となる。アスベストの規制に伴って国内外でアスベストの分析法が整備されてきたが, アスベストの毒性発現の特異性からその分析法は通常の有害物質の分析法とは異なっており, 様々な問題点が指摘されている。本稿では, 特に廃棄物処理に関連したアスベストの分析法について, 空気や固体試料など媒体別の公定分析法を紹介し, また位相差顕微鏡や偏光顕微鏡電子顕微鏡やX線回折法などの測定法について, それぞれの特長や問題点について概観した。また, 廃棄物処理に関連したアスベストの分析事例について整理した。さらに, 廃棄物処理に関してアスベストの分析法が求められている方向性について簡潔に記した。

Since a comprehensive prohibition of both the production and use of asbestos has now been achieved, the obvious next step regarding asbestos is proper treatment of asbestos waste, currently estimated to total forty million tons. Though analytical methods for deding with asbestos have been established, along with its regulation for there are other concerns originating from the fibrous property common to asbestos. This article reviews, analytical methods for waste treatment of asbestos, including official methods for testing asbestos in the air as well as in solids and water samples. Detection methods, such as electron microscopy and X-ray diffraction, are also reviewed. There is a presentation of measurement results for asbestos in the air and solid samples generated form waste treatment facilities as well. The paper concludes by demonstrating certain requirements for analytical methods necessary in tackling the problem of waste treatment for asbestos.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH  

    廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH 19(5), 223-238, 2008-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  73件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021872200
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    9693849
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ