歯学部附属病院に於けるビデオ嚥下造形(VF)検査 Progress of Videofluoroscopic Swallowing Examination (VF) in Dental School Hospital

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

朝日大学附属病院歯科放射線科では1999年より摂食嚥下障害患者に対するビデオ嚥下造影検査(VF)を施行している.X線透視装置,VF検査用チェア,デジタルビデオシステムおよび解析用コンピュータから成るシステムを構築してVF検査に用いた.これまでに67症例に対して80件の検査を施行したが,検査件数は増加傾向にある.若年層の症例では脳性麻痺が多かった.脳血管障害および口腔腫瘍外科手術後の症例は高齢層に多かった.検査には被検者の日常摂食状態を再現する方法を用いた.その結果,約70%の症例で重度の喉頭侵入あるいは誤嚥が認められた.VF検査は,誤嚥の診断および嚥下障害患者の治療計画作成に有益な情報をもたらした.

Since 1999, we have performed the Videofluoroscopic swallowing examination (VF) for patients with dysphagia in Department of Oral Radiology, Asahi University Dental Hospital A VF imaging system consisting of a x-ray fluoroscopic unit, VF chair, digital video recorder and computers for imaging analysis was designed Eighty VF studies in 67patients have been performed, and the clinical apphvation of VF is increasing VF has predominantly been used in juvenile cerebral palsy patients, while in aged patients, VF was commonly used for follow-up in oral cancer and stroke. The procedure in our VF study was designed to represent the usual feeding process in individual patient. Deep pharyngeal penetration and/or aspiration were found in 70% of patients. VF examination provided useful information to diagnose aspiration and to make treatment plans for dysphagic patients.

収録刊行物

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021883978
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00053070
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03850072
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ