表情、及び性別における曖昧性認知に関わる脳内部位の同定 : Event related fMRIを用いた検討 Brain regions involved in recognition of gender and emotion in ambiguous faces

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

表情と性別の処理における独立性が、これまでの神経心理学的研究で報告されている.本研究では、曖味な表情・性別の処理に関与する大脳の領域をEvent related fMRIにより検討した.表情の曖味性を操作した刺激を用いて表情判断課題を、また、性別の曖味性を操作した刺激を用いて性別判断課題を行った.表情の曖味性の処理には、前帯状回, 両側の下前頭回において、また、性別における曖味性の処理には前帯状回, 左下頭回において活動の上昇がみられた.これらの結果は、右下前頭回が表情認知プロセスにおける曖味性の処理に関与する部位であることを示すとともに、表情と性別における曖味性の処理プロセスは異なることを示唆する結果であるといえる.

The aim of this atudy was to examine the brain regions involved in recognition of gender and emotion expressed ambiguously by faces with functional magnetic resonance imaging(fMRI). Eight normal subjects participated. For the emotion task, subjects made a decision as to the each of 16 facial expressions. The stimuli used for emotion task were faces with ambiguous emotions(EA), and with clear emotion(EC). For gender task faces with ambiguous gender(GA)and clear gender(GC)were used. EA compared with EC elicited activation of the anterior cingulate gyrus, right inferior frontal gyrus, and left inferior frontal gyrud. The activation in the anterior cingulate gyrus, right inferior frontal during GA compared with GC. These results indicate that the processing of ambiguity for facial expression is different from the processing for gender.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎   [巻号一覧]

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 100(482), 39-46, 2000-11-27  [この号の目次]

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021891086
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    5637707
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ