火災リスクの定量化システムの開発 Development of Fire Risk Evaluation System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

我が国で種々研究されている火災理論を基に、火災進展モデルと火災拡大確率モデルを組み合わせ、火災リスク評価システムを開発した。前者のモデルは、種々の形態・業態、例えば工場・事務所等の建物火災進展挙動の評価に適用できる。後者のモデルは、火災進展モデルによって得られた火災進展挙動から導かれた建物の火災シナリオに対して火災リスクの定量的解析を行うものである。これら2つのモデルは、コンピュータソフトウェアとして系統的に火災リスク評価システムとして統合されている。このシステムの開発により、火災リスクの定量化が可能となり、火災の安全対策構築と火災リスクとの関係を評価する上で有効な手段を得た。なお、火災の発生確率については、我が国の火災統計データを利用した。

A fire risk evaluation system is developed by means of combining a fire propagation model with the technology for probabilistic risk assessment. The fire propagation model can be applied to various occupancies such as offices, factories and many other kinds of buildings. Huge quantities of fire scenarios can be extracted by use of the fire propagation model and each fire-scenario is quantified by PRA technology. Based on the model and PRA technology, the two software systems to analyse fire propagation and to estimate fire risks for the extracted fire propagation scenarios are systematically integrated as the fire risk evaluation system. The present system enables us to practice quantitative fire risk assessment and management.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SSS, 安全性   [巻号一覧]

    電子情報通信学会技術研究報告. SSS, 安全性 102(542), 21-24, 2002-12-13  [この号の目次]

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021905617
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11370313
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    6435262
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ