ポリエステル繊維の難燃加工処理廃水中の難燃剤ヘキサブロモシクロドデカンのγ線照射分解 Radiolytic Degradation of Hexabromocyclododecane in Waste Water from Thermal Insulation-Treatment Factory with Gamma Ray Irradiation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリエステル繊維の難燃加工処理工程からの排出源廃水及びその工場の最終廃水中の難燃剤ヘキサブロモシクロドデカン(HBCD)のγ線照射,γ線照射/生物処理による分解除去を検討した。HBCD廃液のγ線照射前後のHBCD濃度,分解率,更に有機物の指標としてのTOC,COD,BOD,また分解生成物である臭化物イオンの濃度を測定した。結果として,100kGyの線量で最終廃水中のHBCDが72.5%分解除去され,またその他の有機物もほとんど分解除去され,更に生物処理と組み合わせることで,HBCDが98%分解除去されることを明らかにした。

Radiolytic, and radiolytic/biological decompositions of hexabromocyclododecane(HBCD) in primary and ultimate waste waters from a thermal insulation-treatment process and a factory of polyester process are studied with gamma ray irradiation. Concentrations and degradation ratios of HBCD, and Br<SUP>−</SUP> concentrations are determined before and after gamma ray irradiation. Also, total organic carbon(TOC), chemical oxygen demand(COD), and biochemical oxygen demand(BOD) are determined to evaluate the decomposition of total organic compounds. As a result, about 72.5% of HBCD in ultimate waste water were decomposed with dose of 100kGy. Furthermore, about 98% of HBCD, nearly all organic compounds were removed after the combination of radiolytic/biological treatments.

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 57(9), 571-577, 2008-09-15 

    Japan Radioisotope Association

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021914824
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    9652090
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ