広域大気質予測モデルにおける粒子状物質(PM)濃度予測のための発生源データ Emission and Source Speciation Data for Aerosol Prediction with Urban Air Quality Model

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森川 多津子 MORIKAWA Tazuko
    • 財団法人 日本自動車研究所 エネルギ・環境研究部 Energy and Environment Research Division, Japan Automobile Research Instiute

抄録

An ambient particulate matter (PM) concentration prediction with air quality models requires detail emission inventory data of emitted PM composition data with respect to particle size for directly emitted PM. For organic and inorganic aerosol formation due to gas-to-particle conversion, VOCs (volatile organic compounds) speciation data are also needed. In this paper, Japanese PM and VOCs speciation data are listed as input data of aero4 module in CMAQ (Community Multiscale Air Quality) model. From the view point of PM prediction, present problems of Japanese emission inventory are also discussed.

収録刊行物

  • エアロゾル研究 = Journal of aerosol research  

    エアロゾル研究 = Journal of aerosol research 23(3), 181-186, 2008-09-20 

    日本エアロゾル学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021919192
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10041511
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09122834
  • NDL 記事登録ID
    9654615
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-1062
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ