ネオサルトリア・フィッシェリからのイソテレインの単離 Isolation of Isoterrein from Neosartorya fischeri

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ネオサルトリア・フィッシェリIFM 52672 株のクロロホルム-メタノール(1:1)エキスからノルトリプトキバロン及びアスゾネレノンとともにシクロペンタノン誘導体イソテレイン(3)及びテレイン(4)を単離・同定した。イソテレイン(3)の天然物としての単離は初めてである。

Cyclopentanone derivatives, isoterrein (3) and terrein (4), were isolated along with nortryptoquivalone (1) and aszonalenin (2) from <i>Neosartorya fischeri</i> IFM52672. Isoterrein (3) was identified with the synthetic one by the analysis of the spectroscopic investigation and the first example of the isolation from natural source.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 56(1), 3-6, 2006-01-31 

    マイコトキシン研究会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021919732
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  IR  J-STAGE 
ページトップへ