HL60細胞に対するニバレノールの細胞毒性 Cytotoxic effects of nivalenol on HL60 cells

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 長嶋 等 NAGASHIMA Hitoshi
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 National Agriculture and Food Research Organization, National Food Research Institute
    • 中川 博之 NAKAGAWA Hiroyuki
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 National Agriculture and Food Research Organization, National Food Research Institute
    • 岩下 恵子 IWASHITA Keiko
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 National Agriculture and Food Research Organization, National Food Research Institute

抄録

ニバレノールの毒性発現メカニズムを解明するために、ニバレノールで24時間処理したヒト白血病細胞HL60を用いて細胞毒性試験を行い、インターロイキン-8(IL-8)分泌誘導を調べた。1 μg/ml ニバレノール処理により、形態的にわずかな損傷が観察された。これに対して3 あるいは10 μg/mlニバレノール処理では、細胞の損傷は顕著であった。細胞増殖を臭化デオキシウリジン(BrdU)の取り込みで測定した結果、ニバレノールの50%阻害濃度(IC<sub>50</sub>)は0.16 μg/mlであった。ニバレノールがミトコンドリアのコハク酸脱水素酵素に与える影響をwater soluble tetrazolium-8アッセイで調べた結果、IC<sub>50</sub>は0.40 μg/mlであった。細胞質の漏出による培養上清の乳酸脱水素酵素活性は、10 μg/mlニバレノールにおいても非常に低かった。このことは、10 μg/mlニバレノール処理された細胞においては形態的損傷は激しいが、それでも細胞は破裂していないことを示している。細胞内カルシウムイオンのキレーター1,2-bis(2-aminophenoxy)ethane-N,N,N',N'-tetraacetic acid tetraacetoxymethyl ester (BAPTA-AM)のニバレノールの毒性に対する影響を、最も鋭敏な細胞毒性試験であるBrdU取り込みを用いて調べた。 ニバレノールとBAPTA-AMで同時処理した時の値は、ニバレノール単独処理に比べて高かった。このことは、ニバレノールの細胞毒性発現に細胞内カルシウムイオンが部分的に関与することを示している。ニバレノール処理した細胞の培養上清からIL-8が検出された。このことは、IL-8がニバレノールによる中毒に関与する可能性を示唆するものである。

To elucidate the underlying mechanism of nivalenol toxicity, we treated human promyelocytic leukemia HL60 cells with nivalenol for 24 h and investigated the toxin's effects on cell viability and interleukin (IL)-8 secretion. Whereas exposure to 1 μg/ml nivalenol led to slight morphologic damage, that after treatment with 3 or 10 μg/ml nivalenol was pronounced. In 5-bromo-2-deoxyuridine (BrdU) incorporation assays of the rate of cell proliferation, the mean 50% inhibitory concentration (IC<sub>50</sub>) of nivalenol was 0.16 μg/ml. The effect of nivalenol on mitochondrial succinic dehydrogenase activity was examined using the water-soluble tetrazolium-8 assay, in which the mean IC<sub>50</sub> was 0.40 μg/ml. The activity of lactate dehydrogenase (LDH) released from the cytoplasm was very low, even at 10 μg/ml nivalenol, indicating that although treated cells had extensive morphologic damage, they did not burst. We used BrdU incorporation (the most sensitive indicator of cell viability) to assess the effect of 1,2-bis(2-aminophenoxy)ethane-N,N,N',N'-tetraacetic acid tetraacetoxymethyl ester (BAPTA-AM), which chelates intracellular calcium ion, on nivalenol toxicity. BrdU incorporation after concomitant treatment with nivalenol and BAPTA-AM was higher than that after treatment with nivalenol alone, indicating that the cytotoxicity of nivalenol is dependent in part on intracellular calcium ion. Further, the media of nivalenol-treated cells contained substantial amounts of IL-8, suggesting that this cytokine contributes to the nivalenol-caused pathologic phenomena.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 56(2), 65-70, 2006-07-31 

    マイコトキシン研究会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021919867
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  IR  J-STAGE 
ページトップへ