ファイトアレキシンなどの植物の代謝産物やエンドファイト代謝産物の暴露による家畜の中毒 Phytoalexins and endophyte related mycotoxins as hazards to the animal industry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 宮崎 茂 MIYAZAKI Shigeru
    • (独)農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所 Safety Research Team, National Institute of Animal Health, NARO

抄録

植物が病原菌の感染を受けたときに産生する低分子の抗菌性化学物質であるファイトアレキシンや,エンドファイトが産生する生理活性物質は,植物の生育に有用であり,植物の病害防除への積極的な利用が図られている.しかし,一部のファイトアレキシンやエンドファイトが産生する生理活性物質は,哺乳動物に対して強い毒性がある.我が国では,エンドファイトに感染した輸入ライグラスストローによる牛のライグラススタッガーが散発している.本総説では,ファイトアレキシンや,エンドファイトが産生する生理活性物質の家畜に対する毒性について概説するとともに,飼料稲に発生する稲こうじ病菌核の毒性についても言及する.

Phytoalexins, compounds produced by plants in response to pathogens, and biologically active metabolites produced by endophyte are beneficial to plant growth. There are many trials to utilize these biologically active substances for plant disease control. On the other hand, some of these substances are toxic to mammals. We experienced ryegrass staggers of cattle caused by endophyte infected ryegrass straw. In this review, toxicities of phytoalexins and endophyte related substances to animals are overviewed. Furthermore, toxic substances found in false smut balls in rice plant are cited.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 56(2), 91-98, 2006-07-31 

    Japanese Society of Mycotoxicology

参考文献:  33件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021919933
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ