Alternaria 属菌が産生するマイコトキシンとその potential toxicity Alternaria mycotoxins and their potential toxicity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<i>Alternaria</i> 属菌によって産生される代表的な2次代謝産物には、dibenzo-α-pyrone誘導体であるアルタナリオール、アルタナリオールモノメチルエーテルおよびアルタヌエン、tetramic acid誘導体であるテヌアゾン酸、perylene誘導体であるアルタトキシン群などが知られている。<i>Alternaria</i> マイコトキシンは、穀類、青果類、リンゴジュースおよびトマト加工品などから検出されている。<i>Alternaria</i> マイコトキシンはまた培養細胞、微生物および実験動物に毒性であることも知られているのでヒトと動物に健康被害をもたらしているかもしれない。<i>Alternaria</i> は環境中からよく分離されるため、ヒトや動物の健康に対する<i>Alternaria</i> 暴露のリスクは高いだろう。

The secondary metabolites produced by genus <i>Alternaria</i>; dibenzo-α-pyrone derivatives alternariol (AOH), alternariol monomethyl ether(AME), and altenuene (ALT), tetramic acid derivative tenuazonic acid (TeA), perylene derivatives altertoxin-I (ATX-I) and relative compounds (altertoxin II and III) were known as <i>Alternaria</i> mycotoxins. <i>Alternaria</i> mycotoxins have been detected in crops and fruits harvested in field affected with <i>Alternaria</i> and also their products including apple juice and tomato products. The metabolites had the toxicity to mammalian cell, bacteria and experimental animals. <i>Alternaria</i> may become a potential biohazard of the <i>Alternaria</i> to humans and animals concerning mycotoxicosis. <i>Alternaria</i> had been isolated frequently from atmosphere, therefore the risk of human and animal health evoked by <i>Alternaria</i> exposure could be came high.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 56(2), 99-103, 2006-07-31 

    Japanese Society of Mycotoxicology

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021919967
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ