実験動物を用いての毒性評価 Toxicological study in experimental animal for hazard identification of mycotoxins

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

食品中に汚染するマイコトキシンは、大量に摂取した場合にあらわれる急性毒性よりも長期暴露による慢性的な健康被害が懸念されている。このような自然毒は食品汚染を完全に防御することが不可能であることから、各国で健康被害が懸念される食品を対象に基準値を設定している。しかし、各国での基準値の違いによる貿易摩擦を防止するために、国際的にもコーデックス規格を設けている。これらの基準値案は、FAO/WHOにおいての科学者の国際的集まりであるJECFAなどによって、問題となっているマイコトキシンを対象に毒性評価が行われている。本稿では、いままでJECFAで評価されたマイコトキシンを中心に実験動物を用いた毒性評価を紹介するものである。

As mycotoxins can never be completely removed from commodities, many countries have regulated their levels in food according to their known adverse health effect. For defining the regulation level, an assessment of the health risk is required. To understand the toxic properties of mycotoxins, it is necessary to perform short-term, sub-chronic, and chronic studies at various doses using experimental animals. Also needed are carcinogenic studies in vivo and in vitro using bacteria. From each adequately performed animal study, a threshold dose, such as the NOAEL or NOEL, is defined. The value is essential for the estimation of a provisional tolerable daily intake (PMTDI). I present toxicological data and information of mycooxins that have been evaluated by JECFA.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 56(2), 105-115, 2006-07-31 

    Japanese Society of Mycotoxicology

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021919995
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ