庭木から分離した Alternaria alternata のマイコトキシン産生能 Potential mycotoxin productivity of Alternaria alternata isolated from garden trees

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ムベ,ハナミズキおよびコブシの葉から分離した<i>Alternaria alternata</i> の米培地上でのマイコトキシン産生能を調査した.薄層クロマトグラフィーと高速液体クロマトグラフィーにより,アルタナリオール,アルタナリオールモノメチルエーテル,アルタヌエンが米培地抽出物中に確認された.ムベから分離した<i>A. alternata</i> は米培地上でAOH, AME, および ALTを それぞれ22.99 mg/kg, 9.13 mg/kg,および2.53 mg/kg産生していた. ハナミズキの葉から分離した<i>A. alternata</i> は米培地上でAOH, AME, およびALT をそれぞれ1.50 mg/kg, 0.59 mg/kg, and 3.42 mg/kg産生していた. コブシの葉から分離した<i>A. alternata</i> は米培地上でAOH, AME, および ALTをそれぞれ 20.37 mg/kg, 0.95 mg/kg,および7.25 mg/kg産生していた.これらの結果は庭木由来の<i>A. alternata</i> が食物および飼料をマイコトキシンで汚染することを示唆している.

Potential mycotoxin productivity of <i>Alternaria alternata</i> isolated from leaves of <i>Mube</i> (<i>Stauntonia hexaphylla</i>), <i>Hanamizuki</i> (<i>Cornus florida</i>), and <i>Kobushi</i> (<i>Magnolia praecocissima</i>) was investigated with cultures growing on rice medium. By thin-layer chromatography and high-performance liquid chromatography, the presence of alternariol (AOH), alternariol monomethyl ether (AME), and altenuene (ALT) was confirmed in the rice culture extract. <i>A. alternata</i> isolate from <i>Mube</i> leaves produced AOH, AME, and ALT at concentrations of 22.99 mg/kg, 9.13 mg/kg, and 2.53 mg/kg, respectively. <i>A. alternata</i> isolate from <i>Hanamizuki</i> leaves produced AOH, AME, and ALT at concentrations of 1.50 mg/kg, 0.59 mg/kg, and 3.42 mg/kg, respectively. <i>A. alternata</i> isolate from <i>Kobushi</i> leaves produced AOH, AME, and ALT at concentrations of 20.37 mg/kg, 0.95 mg/kg, and 7.25 mg/kg, respectively. These results suggested that <i>A. alternata</i> on garden trees contaminate food and feed with the mycotoxins.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 57(1), 3-10, 2007-01-31 

    マイコトキシン研究会

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021920011
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  IR  J-STAGE 
ページトップへ