日本における飼料中のフモニシン汚染実態 Fumonisin contamination of feeds in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2004年および2005年に日本国内で流通した主な飼料原料および配合飼料(計109検体)について、フモニシンB<sub>1</sub>、B<sub>2</sub>およびB<sub>3</sub>の汚染実態を調査した。試料の精製にはイオン交換カートリッジカラムを用い、LC/MSにより定量を行った。その結果、とうもろこしおよびその副産物、マイロ(グレインソルガム)、ライ麦並びに配合飼料については、全ての試料からフモニシンが検出された。一方、玄米、綿実およびアルファルファからは検出されなかった。とうもろこしおよび配合飼料中のフモニシンB<sub>1</sub>の平均値はそれぞれ350および340 μg/kgであり、最高値はとうもろこしの1,900 μg/kgであった。

We conducted a survey of fumonisin B<sub>1</sub>, B<sub>2</sub> and B<sub>3</sub> contaminations in feed ingredients and formula feeds (109 samples) distributed in Japan in 2004-2005. Fumonisins were determined with LC/MS after purification with ion-exchange cartridge column. Fumonisins were detected in all samples of corn and it's by product, milo (grain sorghum), rye and formula feed. No contamination was observed in dehulled rice, cotton seed and alfalfa. The mean values of fumonisin B<sub>1</sub> concentration in corn and formula feed were 350 and 340 μg/kg, respectively, the highest value was 1,900 μg/kg in corn.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 57(1), 11-16, 2007-01-31 

    マイコトキシン研究会

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021920047
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  IR  J-STAGE 
ページトップへ