植物病害における攻撃と防御の化学 : マイコトキシンを視野にいれた考察 Chemistry of plant/microbe interactions in plant disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

植物は、通常非宿主植物として微生物の侵入を阻止することができる。しかし、植物病害では微生物の侵入により両者の相互作用が行われ、微生物の生産する植物毒素等と、植物の生産するファイトアレキシン等が関与する。このような化学物質がマイコトキシンあるいはマイコトキシン様物質となる危険性を回避するには、このような化学物質の人・動物に対する質的・量的作用とその蓄積状況を知る必要がある。植物毒素では、宿主特異的毒素等について、その作用に重要な問題があれば、抵抗性品種・非宿主植物・収穫後などの状況下での蓄積量を知る必要が生じる。また植物側の防御物質についても同様である。

In nature, a microbe tries an invasion to a plant by using every opportunity, but many plants can prevent an invasion as a non-host plant. However, in the case of plant disease, a plant is unable to prevent an infection causing growth inhibitions, then a relation of plant-plant pathogen occur, and various interactions are performed. Various chemical substances such as microbe-producing phytotoxins and plant-producing phytoalexins, incorporated in their interactions, have been elucidated. Investigation of quantitative/qualitative biological activities against man/animal of these chemical substances, and of accumulation situation are necessary, to circumvent the danger of becoming mycotoxin or mycotoxin mimic. If phytotoxins such as host-specific-toxins showed an important activity, their accumulation amount in resistance varieties/non-host plants/post-harvests should be investigated. Similar investigations are also required in the case of plant-protecting substances.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 57(1), 17-30, 2007-01-31 

    Japanese Society of Mycotoxicology

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021920067
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ