本邦におけるオクラトキシン汚染の実態とその汚染カビ : オーバーウ゛ュ Occurrence of ochratoxin A and distribution of ochratoxin A producing fungi in Japan : An overview

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

オクラトキシンAは、<i>Penicillium</i> 属および <i>Aspergillus</i>属が産生するカビ毒である。ヒトにおいては腎毒性があることが疑われており、実験動物では腎毒性、腎臓がんを起こすことが実証されている。ヨーロッパでは、オクラトキシンAの実態調査が精力的に行われ、それを基に基準値の設定がなされている。コーデックス委員会でも、その基準値の策定が秒読み段階に来ている。しかし、わが国ではいまだ基準値設定が行われていない。そこで、本稿では国際的動向、オクラトキシンAの毒性、わが国での汚染実態、その分析法を紹介し、なぜオクラトキシンAは食品衛生上問題となるのか、今後基準値設定に向けてどのようにわが国は対処していくのかを述べる。

Ochratoxin A is a nephrotoxic mycotoxin known to contaminate a variety food and beverages. The current studies indicate the possibility of ochratoxin A -related carcinogenicity in human. The fungi producing ochratoxin A exist two genera, <i>Aspergillus</i> in tropical areas and <i>Penicillium</i> in cooler climates areas including Japan. Occurrence of ochratoxin A in retail food in Japan has been investigated from 2004 to 2005. The result shows that ochratoxin A contaminates several kinds of food and beverages even though a low level in Japan. The total diet study of ochratoxin A has been performed in 2000-2002, indicating that the exposure level to ochratoxin A was quite low in Japan. However, the efforts to mitigate the risk of carcinogenicity induced by ochratoxin A, such as monitoring system and setting the standard would be needed.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 57(1), 31-36, 2007-01-31 

    Japanese Society of Mycotoxicology

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021920103
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ