ペニシリウム属カビによるオクラトキシン産生 Production and contamination of ochratoxin by Penicillium species

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<i>ペニシリウム</i>属におけるオクラトキシン産生菌種については、Walbeekが最初に<i>ペニシリウム・ビリディカータム</i>であると報告し、その後Cieglerがそれを追認したため混乱を生じた.しかしながら、その後PittやFrisvadが、増殖速度やマイコトキシン産生のパターンの違いから、<i>ペニシリウム・ビリディカータム</i>と<i>ペニシリウム・ベルコーザム</i>は異なり、オクラトキシンを産生する<i>ペニシリウム</i>は、<i>ペニシリウム・ベルコーザム</i>のみであるとした.しかし、最近、Larsenが穀類からしか分離されないものと、チーズや肉類からしか分離されないものを区別し、後者を別種、<i>ペニシリウム・ノルディカム</i>を提唱した.<i>ペニシリウム・ベルコーザム</i>の増殖温度域は0-31℃、最適は20℃付近で、オクラトキシン産生はほぼ増殖温度域で認めらるが、最適は20℃付近である.増殖への最低水分活性値は0.86.オクラトキシン産生は基質や分離株によって影響を受ける.温度勾配は水分移動を引き起こし、水分量が上昇すると、カビの増殖、次いでマイコトキシン産生も可能となる.土壌、穀粒、あるいは製品の残渣は<i>ペニシリウム・ベルコーザム</i>の汚染源となりうるため、穀物や食品の乾燥や貯蔵施設は清潔に保たなければならない.

Confusion in defining the species producing OTA arose when <i>P. viricatum</i> was included to the toxigenic species by Walbeek et al. (1969) and then later by Ciegler et al. (1973). Pitt (1979, 1987) and Frisvad (1983,1986) determined only <i>P. verrucosum</i> was the OTA-producing species in <i>Penicillium</i> because <i>P. viricatum</i> and <i>P. verrucosum</i> were separated based on growth rate and profile of mycotoxin production profile. Recently, <i>P. verrucosum</i> from cheese and meats has been proposed as a new species <i>P. nordicum</i> because almost all <i>P. verrucosum</i> is derived from plants. <i>P. verrucosum</i> grows in the range of 0-31 °C with an optimum at 20 °C OTA production correlated well with the temperature range of growth being greater at optimum temperature. The minimum aw for growth and mycotoxin production is 0.86. Growth and the mycotoxin production are affected by the nature of substrates and the isolate. Cycling of temperature gradient causes moving of moisture in the grains stored in warehouse and allows fungal growth and the mycotoxin production when moisture content increase. Processing facilities for drying and storage of crops or foods should be cleaned to reduce the contamination potential because soil, residual grains, or old product may be the source of the <i>P. verrucosum</i> infection.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 57(1), 57-63, 2007-01-31 

    Japanese Society of Mycotoxicology

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021920133
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ