アフラトキシンB_1誘導ラット肝癌由来K2細胞は癌幹細胞の性質を有している Cancer stem cells in aflatoxin B_1-induced rat hepatocellular carcinoma K2 cells

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 川崎 靖 KAWASAKI Yasushi
    • 東京理科大学基礎工学部生物工学科 Department of Biological Science and Technology, Faculty of Industrial Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 安達 尚美 ADACHI Naomi
    • 東京理科大学基礎工学部生物工学科 Department of Biological Science and Technology, Faculty of Industrial Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 山崎 富生 YAMAZAKI Tomio
    • 東京理科大学基礎工学部生物工学科 Department of Biological Science and Technology, Faculty of Industrial Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 轟 理沙 TODOROKI Risa
    • 東京理科大学基礎工学部生物工学科 Department of Biological Science and Technology, Faculty of Industrial Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 後藤 良隆 GOTOU Yoshitaka
    • 東京理科大学基礎工学部生物工学科 Department of Biological Science and Technology, Faculty of Industrial Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 古宮 裕子 KOMIYA Yuko
    • 東京理科大学基礎工学部生物工学科 Department of Biological Science and Technology, Faculty of Industrial Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 倉部 誠也 KURABE Nobuya
    • 東京理科大学基礎工学部生物工学科 Department of Biological Science and Technology, Faculty of Industrial Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 根本 清光 NEMOTO Kiyomitsu
    • 静岡県立大学薬学部衛生・分子毒性学分野 Department of Molecular Toxicology, School of Pharmaceutical Sciences, University of Shizuoka
    • 出川 雅邦 DEGAWA Masakuni
    • 静岡県立大学薬学部衛生・分子毒性学分野 Department of Molecular Toxicology, School of Pharmaceutical Sciences, University of Shizuoka
    • 三浦 成敏 MIURA Shigetoshi
    • 東京理科大学基礎工学部生物工学科 Department of Biological Science and Technology, Faculty of Industrial Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 田代 文夫 TASHIRO Fumio
    • 東京理科大学基礎工学部生物工学科 Department of Biological Science and Technology, Faculty of Industrial Science and Technology, Tokyo University of Science

抄録

今回,我々はアフラトキシンB<sub>1</sub> 誘発ラット肝癌K2 細胞に幹様細胞(癌幹細胞)が存在することを明らかにするために,side population(SP)細胞およびstemness 遺伝子発現の解析を試みた.ローダミンを用いたフローサイトメーター解析により,K2 細胞は癌幹細胞であるSP 細胞を約89%と高い割合で含んでいることが明らかとなった.さらに,胚性幹細胞の特徴である多分化能と自己複製能の維持に関与するstemness遺伝子である<i>sox2</i>, <i>nanog</i>, <i>klf4</i>, Ras ファミリー<i>E-ras</i> およびポリコームファミリー <i>bmi1</i> 遺伝子のK2 細胞での発現レベルを解析したところ,これらの遺伝子は強く発現されていた.一方,成熟肝細胞の特異的マーカー遺伝子であるアルブミンおよびチロシンアミノトランスフェラーゼ(<i>TAT</i>)の発現は非常に低レベルであった.これらの結果より,K2 細胞はstemness 遺伝子の発現を獲得することにより,典型的な癌幹細胞としての性質を有していると考えられる.

In this study, we performed the side population (SP) cell analysis and the expression analysis of stemness genes to identify stem-like cells (cancer stem cells) in aflatoxin B<sub>1</sub>-(AFB<sub>1</sub>) induced rat hepatoma K2 cells. Using the flow cytometric analysis with rhodamine 123, the SP cells, which are thought to be cancer stem cells, were detected with high frequency and estimated to be approximately 89 % of K2 cell population. Furthermore, K2 cells expressed stemness genes including the <i>sox2</i>, <i>nanog</i>, <i>klf4</i>, the ras family <i>E-ras</i> and the polycomb family <i>bmi1</i> genes, which are implicated in the maintenance of pluripotency and self-renewal of embryonic stem (ES) cells. On the other hand, in K2 cells the expression levels of mature hepatocyte-specific marker genes such as <i>albumin</i> and <i>tyrosine aminotransferase</i> (<i>TAT</i>) were very low. Thus, these results imply that K2 cells possess the typical properties of cancer stem cells through the acquisition of stemness gene expressions.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 57(2), 87-93, 2007-07-31 

    マイコトキシン研究会

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021920179
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  IR  J-STAGE 
ページトップへ