コメ中のフモニシンB1, B2, B3の液体クロマトグラフィーによる定量 Liquid chromatographic determination of fumonisins B1, B2, and B3 in rice

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コメに付着するイネ馬鹿苗病菌<i>Gibberella fujikuroi</i>は, フモニシンの主な産生菌であるトウモロコシ赤カビ病菌<i>Fusarium verticillioides</i>の近縁であるため, コメでフモニシン汚染が懸念されている. しかしながら, フモニシン分析法のほとんどは, トウモロコシ, コムギを対象としており, コメを対象とした分析法はこれまでに無かった. そこで今回, フモニシン汚染された人工カビ米を作成し, コメ中フモニシン(フモニシンB1, フモニシンB2, フモニシンB3)の効率的な抽出法とHPLCによる定量法を開発した. 浸漬抽出により, 種々のコメ試料での添加回収試験において, 安定して高い回収率が得られた. 定量には, プレカラム誘導体化機能付き液体クロマトグラフィー-蛍光検出法(HPLC-FL)もしくは液体クロマトグラフィー-タンデム質量分析法(LC-MS/MS)を用いた. フモニシンB1について, LC-MS/MSでHPLC-FLの十分の一の検出限界が得られた. 

Rice is susceptible to the fungus <i>Gibberella fujikuroi</i>, the anamorph of which is taxonomically near to <i>Fusarium verticillioides</i>, a major fumonisin producer, so that the potential risk of fumonisin contamination in rice is significant. However, most works on fumonisins have examined corn or wheat and there have not been any practical methods developed for the analysis of fumonisins in rice. This paper describes the development of liquid chromatographic determination methods with an efficient extraction procedure for fumonisins (fumonisin B1, B2, and B3) in rice, using artificially molded rice contaminated with fumonisins. Applied with submergence extraction, stable and sufficient recovery was achieved for various rice samples in spike and recovery tests. The determination was done by liquid chromatography using fluorescence detection (HPLC-FL) with precolumn derivatization, or using tandem mass spectrometry (LC-MS/MS). The limit of detection achieved by LC-MS/MS was ten times lower than that by HPLC-FL for fumonisin B1.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 57(2), 95-104, 2007-07-31 

    マイコトキシン研究会

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021920199
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  IR  J-STAGE 
ページトップへ