マイコトキシン分析における分析法バリデーション Method validation for mycotoxin analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

分析法の妥当性確認は、分析の精度を保証するための第一歩となる基本事項である。分析法の妥当性確認方法としては、国際ハーモナイズドプロトコールに基づいたフルコラボスタディー(HCV)があるが、これのみを分析法の妥当性確認法と考える必要はなく、分析法にその目的適合性があるように、その分析法の試料目的に合わせた妥当性確認法を選択してMethod Validationを行う必要がある。Method Validationの世界ではAOACインターナショナルが大きな役割を果たしてきたが、近年はその妥当性確認に関して多様な新しい要求が出てきている。しかし妥当性確認された分析法を適切な適用性確認を経て使用することは分析の品質保証の第一歩であり重要なことである。

Method validation is one of the key activity to assure the analytical data and method have to be validate and verified before use. For method validation, harmonized collagorative validation (HCV) is most prestegious method of validation but it is not necessary to validate all methods by HCV. As method has its fit for purpose, method of validation has its fit for purpose. About method validation, AOACInternational leads the world but these days there are many issues about method validation itself. However, use of validated method with verification is the starting and one of key for laboratory quality assuarance.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 57(2), 105-113, 2007-07-31 

    Japanese Society of Mycotoxicology

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021920235
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ