飼料のカビ毒の規制と最近の汚染の現状 The current state of contamination and regulation of mycotoxins in feed in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本の飼料分野のカビ毒は、アフラトキシンB<sub>1</sub>、ゼアラレノン及びデオキシニバレノールで基準値が設定されている。飼料中のカビ毒の分析は、日本の公定分析法である"飼料分析基準"により実施されている。トウモロコシ及び配合飼料のアフラトキシンB<sub>1</sub>の汚染率は毎年変動している。飼料原料中のアフラトキシンは、主に東南アジアから輸入される原料から検出される。更に、飼料原料中のオクラトキシンA、デオキシニバレノール、ニバレノール、ゼアラレノン及びフモニシンB<sub>1</sub>等の他のマイコトキシンについても汚染調査を行った。

Regulations of mycotoxins has been established for aflatoxinB<sub>1</sub>, zearalenone and deoxynivalenol in feed in Japan. We conducted analysis of mycotoxins in feed in accordance with the official methods of feed analysis in Japan. As for the contamination rates of aflatoxinB<sub>1</sub> in maize and formula feed, the differences for every year were observed. Meanwhile, as for feed ingredients, aflatoxins were detected in what were mainly imported from Southeast Asia. In addition, we have surveyed contamination of feed ingredients and formula feeds by other mycotoxins such as ochratoxinA, deoxynivalenol, nivalenol, zearalenone and fumonisinB1.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 57(2), 123-127, 2007-07-31 

    Japanese Society of Mycotoxicology

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021920257
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ