住環境におけるカビの脅威 : みえないマイコトキシンと関連する疾患 : オーバービュ Threat of indoor fungi - health risk associated with uncertain mycotoxin exposure : An overview

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

室内空気汚染菌として注目されている <i>Stachybotrys chartarum</i>とそのマイコトキシンをめぐる以下の話題を概説した.1)米国で発生した特発性乳児肺出血(infant idiopathic pulmonary hemorrhage/hemosiderosis)と住環境のカビ汚染・マイコトキシンとの関連について、2)<i>S. chartarum</i>による家畜中毒症(stachybotryotoxicosis)と原因物質satratoxinsの毒性について、3)毒キノコ「カエンタケ」(<i>Podostroma cornu-damae</i>)に含まれるsatratoxinsを原因とするヒト中毒の臨床症状について.

<i>Stachybotrys chartarum</i> as an indoor fungus and its macrocyclic trichothecene mycotoxins, satratoxins, are noted as possible etiological agents of illnesses associated with water-damaged buildings especially in USA. The following topics are overviewed briefly in this paper: 1) indoor fungi and infant pulmonary hemorrhage/hemosiderosis, 2) stachybotryotoxicoses in animals and the toxicity of satratoxins, and 3) a human intoxication case by poisonous mushroom, <i>Podostroma cornu-damae</i>, and satratoxins.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 58(1), 41-46, 2008-01-31 

    Japanese Society of Mycotoxicology

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021920358
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ