住宅環境に生息する病原性カビ, 特にマイコトキシン産生カビによる真菌症について Mycoses caused by the inhalation of mycotoxin-producing-fungi growing indoors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 亀井 克彦 KAMEI Katsuhiko
    • 千葉大学真菌医学研究センター病原真菌研究部門 Department of Pathologic Fungi, Medical Mycology Research Center, Chiba University
    • 落合 恵理 OCHIAI Eri
    • 千葉大学真菌医学研究センター病原真菌研究部門 Department of Pathologic Fungi, Medical Mycology Research Center, Chiba University

抄録

屋内環境中には多種多様な真菌が生息している。これらの真菌の多くはマイコトキシンを産生するが、マイコトキシンとヒト疾患との関連性については未解明の点が多い。例外としては、近年、<i>Aspergillus fumigatus</i> によって産生されるグリオトキシンがアスペルギルス症の発症に関与していることが明らかにされた例がある。<i>Stachybotrys chartarum</i> は住環境内でも見受けられるほど広範に分布する真菌である。この真菌の吸入によって乳児特発性肺出血が惹起される可能性が報告されているが、その詳細は未だ明らかになってはいない。<i>S. chartarum</i> はトリコテセンのような種々の二次代謝産物を産生することから、我々は本菌の反復吸入がヒトの肺に何らかの影響を与えるものと考えた。<i>S. chartarum</i> を長期間吸入することによる影響を明らかにするために、我々は2週間に3回の頻度で本菌の胞子をマウスに経気管的に反復投与した。その結果、病理組織学的検討によってマウスで肺高血圧が惹起されることが明らかになった。これらのマウスでは肺動脈壁が肥厚し、内腔の狭窄や閉塞が生じていた。さらに、右室圧の上昇も確認された。トリコテセン産生の有無が異なる<i>S. chartarum</i> の株を用いた検討では、トリコテセン産生株を投与した場合で肺高血圧が惹起され、肺動脈病変の形成にはトリコテセンが関与する可能性が示唆された。このことについては今後更なる検討を行う必要がある。

Various fungi are present in the indoor air. Many of them are known to produce mycotoxins, but the relation of the toxin of these fungi to human diseases is not well known. The only exception is the recent finding that gliotoxin produced by <i>Aspergillus fumigatus</i> play a significant role as a virulence factor in the development of the infection, i.e. aspergillosis. <i>Stachybotrys chartarum</i> is a ubiquitous fungus commonly found in our living environment. Although inhalation of the fungus has been suspected as a possible cause of acute idiopathic alveolar hemorrhage in infants, the definite relation is yet to be known. The fungus produces various secondary metabolites such as trichothecenes, we suspected that the repeated inhalation of the fungus may cause some damage to the human lung. To learn the effect of the long-term inhalation of the fungus, we repeatedly injected the spores of the fungus into mouse trachea. The histopathological examination of the mice disclosed the development of pulmonary hypertension. When isolates of <i>S. chartarum</i> with or without trichothecene production were used, the isolate with trichothecene production solely developed pulmonary hypertension, which fact suggests the possible role of the trichothecene in the development of the vascular changes. Further investigation is now under way.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 58(1), 47-51, 2008-01-31 

    Japanese Society of Mycotoxicology

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021920382
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ