ルブラトキシンBはマウス脂肪肝において脂肪の蓄積を誘導する Rubratoxin B causes lipid accumulation in fatty mouse liver

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 岩下 恵子 IWASHITA Keiko
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 National Food Research Institute, National Agriculture and Food Research Organization
    • 長嶋 等 NAGASHIMA Hitoshi
    • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 National Food Research Institute, National Agriculture and Food Research Organization

抄録

肝毒性を示すマイコトキシンのルブラトキシンB は脂肪肝を引き起こす.そこで脂肪蓄積メカニズムを解明するために,ルブラトキシンB で24 時間処理したマウス肝臓において蓄積した脂肪滴のタイプや,脂質合成系酵素であるグルコース- 6 -リン酸脱水素酵素(G6PD)と脂肪酸合成酵素の活性を調べた.オイルレッドO 染色では,ルブラトキシンB 処理したマウスから多数の小滴性の脂肪滴が観察された.脂肪酸合成のためのNADPH を供給するペントースリン酸回路において極めて重要な働きをするG6PD の活性は,ルブラトキシンB 処理によって顕著に上昇した.予想に反して,ルブラトキシンB は脂肪鎖を伸長させる脂肪酸合成酵素の活性を下げた.脂肪酸合成酵素は脂肪酸合成における律速酵素ではないので,ルブラトキシンB で処理されたマウスの活性でも脂肪蓄積には十分なのかもしれない.

The potent hepatotoxic mycotoxin rubratoxin B causes fatty liver. To elucidate the lipid accumulation mechanism, we investigated the type of lipid droplets accumulated and the activities of the lipogenic enzymes glucose-6-phosphate dehydrogenase (G6PD) and fatty acid synthase in mouse livers treated for 24 h with rubratoxin B. Oil Red O staining revealed numerous microvesicular lipid droplets in the liver cells of rubratoxin B-treated mice. In addition, treatment with rubratoxin B notably induced the activity of G6PD, a crucial member of the pentose phosphate cycle, which produces and supplies NADPH for fatty acid synthesis. Unexpectedly, rubratoxin B decreased the activity of fatty acid synthase, which facilitates fatty acid chain elongation. However, because fatty acid synthase is not a key enzyme in fatty acid synthesis, its activity level in rubratoxin B-treated mice may be sufficient for lipid accumulation.

収録刊行物

  • マイコトキシン  

    マイコトキシン 58(2), 83-87, 2008-07-31 

    マイコトキシン研究会

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021920454
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334513
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02851466
  • データ提供元
    CJP書誌  IR  J-STAGE 
ページトップへ