繭糸繊度に特徴のある蚕品種の育成経過と性状 Development of a silkworm Bombyx mori race with characteristics of cocoon filament fineness

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

前報(代田・阿相、2008)で得られた知見に基づき、繭糸繊度に特徴のある品種の選抜を行った。蚕業技術研究所保有の材料の中から候補6系統を選び、系統分離法による蛾区選抜と個体選抜を9年間で25代実施した。その結果、日本種の交雑原種N12・N52と中国種の交雑原種C32・C66が選出された。それらを組み合わせた四元交雑種の性状を調べた結果、収繭量多く、繭糸長く、繭糸繊度が細く、育種目標に合致した良好な成績を示した。特に粒内繊度偏差は極めて小さく、産卵性も優れ業界の要望に沿った品種であることが認められ、実用に提供された。

収録刊行物

  • 蚕糸・昆虫バイオテック  

    蚕糸・昆虫バイオテック 77(2), 159-165, 2008-08-01 

    日本蚕糸学会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021921520
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12145323
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    18810551
  • NDL 記事登録ID
    9659037
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-343
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ