目から鱗のマススペクトロメトリー第15回「m/zの単位?」 : 「マス」って何の単位ですか? Comments on Using of the Alias "Masu" for Units of Mass and m/z

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 吉野 健一 YOSHINO Ken-ichi
    • 神戸大学自然科学系先端融合研究環・バイオシグナル研究センター Biosignal Research Center, Organization of Advanced Science and Technology, Kobe University

抄録

The Japanese word "masu" originates from the English word "mass." It is occasionally used as an alias for units of mass and <i>m</i>/<i>z</i>. However, mass of molecules and ions should be expressed with the unified atomic mass unit (unit symbol: u) or dalton (unit symbol: Da). Furthermore, the <i>m</i>/<i>z</i> value indicated in the abscissa of mass spectra is dimensionless; therefore, it should not have any units.

収録刊行物

  • 質量分析 = Mass spectroscopy  

    質量分析 = Mass spectroscopy 56(5), 241-245, 2008-10-01 

    The Mass Spectrometry Society of Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021921610
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0010555X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    13408097
  • NDL 記事登録ID
    9675536
  • NDL 雑誌分類
    ZP4(科学技術--化学・化学工業--分析化学)
  • NDL 請求記号
    Z17-213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ