溶鉄とMgAl_2O_4基板の界面反応に及ぼすSiO_2の影響 Influence of SiO_2 on the Interfacial Reaction between MgAl_2O_4 Substrate and Molten Iron

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

The influence of Si02 on the interfacial reaction between MgAl204 substrate and molten iron has been investigated as a basic research study for the wear of refractories. Substrates which were made from MgO, Al203 and Si02 powders consisted of spinel and MgO-Al203-Si02 amorphous. The iron sample was put on the substrate and interfacial reaction between molten iron and substrate was examined at 1833K for 1 or 3h. In the case using Si02 free substrate, the FeO-MgO solid solution was formed at the iron-substrate interface and oxygen in molten iron transferred into spinel as FeO. In the case using substrate with Si02 addition of 2.5 or 5.0 mass%. the FeO-MgO solid solution was not formed at the interface and FeO content of MgO-AI203-Si02 amorphous was more than that of spinel.耐火物の侵食機構を解明するための基礎研究として溶鉄とMgAI204基板の界面反応に対するSi02の影響を検討した。MgO, Al203, Si02を使用して基板を作成した。基板はスピネルとMgO-Al203-Si02非品質体で構成されていた。溶鉄-基板の界面反応を1833Kで1あるいは3時間保持し調査した。Si02無添加の基板を使用した場合,溶鉄-基板界面にはFeO-MgO固溶体が生成した。溶鉄中の酸素はスピネルにFeOとして取り込まれていた。Si02添加量2.5,5.0mass%の基板使用した場合,界面にはFeO-MgO固溶体が形成されていなかった。MgO-Al203-Si02非品質体にはスピネルより多くのFeOが取り込まれていた。

収録刊行物

  • 耐火物  

    耐火物 60(6), 286-292, 2008-06-01 

    耐火物技術協会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021922700
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00136247
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00398993
  • NDL 記事登録ID
    9531492
  • NDL 雑誌分類
    ZP9(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業--セラミックス・窯業)
  • NDL 請求記号
    Z17-226
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ