飼料用稲を基軸とする耕畜連携システムの計量分析モデル : コントラクター介在型システムの場合 Econometric Model Analysis of Integrated Farming System of Arable and Livestock by Rice Whole Crop Silage

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

飼料用稲は、稲わらとは異なり、稲発酵粗飼料(以下稲WCS)として利用される。稲の子実の完熟前に子実と茎葉を同時収穫し、サイレージとして調製される。わが国の作付面積は、2003年、5千haに達し、それ以降は安定的に推移している。飼料用稲を基軸とする耕畜連携システムとは、日本の風土に適した飼料用稲を転作作物として栽培し、稲WCSを牛に給与し、その牛の堆肥を飼料用稲作付水田へ還元するシステムを言う。この営農システムの構築には、飼料自給率向上、家畜糞尿の循環利用、水田保全など、市場では評価されない多面的な便益が期待されている。藤本・恒川は、このような便益を考慮すれば、耕畜連携システムの導入による社会的便益が社会的費用を上回ることを実証している。また、伊藤他は、ダイズとトウモロコシの消費が拡大するのに対し、コメの消費がジリ貧となっているのは、前者の利用先が飼料やエタノールヘと拡大するのに対し、後者の利用先が食用に限定されるためとし、コメの利用先を拡大できなければ、アジア農業の衰退を止められないとしている。本研究では、稲WCSの需給均衡式により、耕畜双方の行動の整合的描写に取り組む。また、飼料用稲の作付面積を指標に、定量分析に取り組む。

収録刊行物

  • 農林業問題研究  

    農林業問題研究 44(2), 315-325, 2008-09-25 

    富民協会

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021924329
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00202829
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03888525
  • NDL 記事登録ID
    9694744
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産) // ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-410
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ