イペ材の抽出成分を注入したスギ材の耐朽性 Durability of Japanese cedar wood impregnated with extractives from Ipe wood

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

イペ材から抽出した二次代謝物の抗菌効果を調べた。得られた結果は以下の通りである。<BR>1) アセトン及びアルコール・ベンゼン混合液を用いて抽出した場合, 冷水及び熱水で抽出した場合に比較して, 抽出物の収量が多く抗菌性も高い。<BR>2) この抽出物の注入後, JISK1571-2004法に従って調べると, スギ辺材は, 木材腐朽菌類によってほとんど腐朽しなくなった。<BR>3) しかし, ブナ材への注入は効果に乏しかった。スギとブナ材間の効果の違いは, 抽出物吸収量及び両樹種における耐朽性の違いに起因すると考えられる。<BR>4) ブナ材に抽出物を浸漬処理した後, JIS Z 2911-2006に従って調べたところ, カビ汚染に対して高い抵抗性を示した。

The antifungal effects of secondary metabolites extracted from Ipe wood (<I>Tabebuia sp.</I>) were evaluated. The results were as follows.<BR>1) The extractive was obtained in high yield with acetone and ethanol-benzene mixture, and showed a strong antifungal effect in comparison to the extracts obtained with cold water and hot water.<BR>2) After impregnation with the extract, specimens of Japanese cedar sapwood were not decayed by wood rotting fungi according to the method outlined in JIS K1571-2004.<BR>3) However, impregnation of the extractive into beech sapwood was not effective in preventing wood rot. The difference in the effect on Japanese cedar and beech woods was most likely attributable to differences in the extent of adsorption amount of the extractives and the durability of the two woods.<BR>4) After beech wood was soaked in the extractive, analyses performed according to the method described in JIS Z2911-2006 indicated a high degree of resistance against mold growth.

収録刊行物

  • 木材保存 = Wood preservation  

    木材保存 = Wood preservation 34(5), 223-230, 2008-09-25 

    日本木材保存協会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021924594
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00240373
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02879255
  • NDL 記事登録ID
    9660824
  • NDL 雑誌分類
    ZP21(科学技術--化学・化学工業--木材)
  • NDL 請求記号
    Z17-745
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ