神経伝達物質放出におけるCa^<2+>チャネル複合体形成の生理的意義 Physiological roles of presynaptic Ca^<2+> channel complexes on neurotransmitter release

この論文をさがす

著者

    • 清中 茂樹 KIYONAKA Shigeki
    • 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 Department of Synthetic Chemistry and Biological Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University
    • 瓜生 幸嗣 URIU Yoshitsugu
    • 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 Department of Synthetic Chemistry and Biological Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University
    • 三木 崇史 [他] MIKI Takafumi
    • 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 Department of Synthetic Chemistry and Biological Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University
    • 森 泰生 MORI Yasuo
    • 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 Department of Synthetic Chemistry and Biological Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University

収録刊行物

  • 生化学  

    生化学 80(7), 658-661, 2008-07-25 

    日本生化学会

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021924872
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00126072
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00371017
  • NDL 記事登録ID
    9602852
  • NDL 雑誌分類
    ZR2(科学技術--生物学--生化学)
  • NDL 請求記号
    Z18-55
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ